脱・エクセル管理!
運送業システム導入を
分かりやすく解説

うちは小規模だから、お金をかけてDXなんて…
と思っている担当者にこそ見て欲しい、運送業システムの導入ガイドです。
50以上のシステムを調査・比較し、“ラクしたい業務別”におすすめサービスも紹介しているので、是非ご検討ください。

公開日: |更新日:

ナビゲーター
自分でも調べてみたけど
違いがよく分からない
どのシステムも同じに見える
そんな方向けに、
おすすめ3選を用意しました!
COMPARISON

効率化したい業務から選ぶ
おすすめの運送業システム3選

編集チームが50以上の運送業システムを調査したところ、基本機能に大きな違いはほとんど無く、それぞれの使いやすさで選ばれているのが実態のようです。
エクセルにはエクセルの良さもありますが、「今よりちょっとラクしたい」をサポートする、おすすめのシステムをご紹介。

ルート最適化や監視など
配車業務をラクにしたい!

GeoRouter

GeoRouterキャプチャ
引用元:GeoRouter公式HP
https://geoinfo.co.jp/product/georouter.html

ココが使いやすい!

  • AI自動配車機能で、複雑な条件でも短時間で計画を作成できる
  • 地図入力による手動配車とも併用でき、フレキシブルな設定が可能
  • 日々状況が変わる訪問/回収/送迎や新人教育にもおすすめ
月額費用 30,000円~(税不明)

基本機能や事例を
さらに詳しく見る

公式サイトから
問い合わせてみる

電話で問い合わせ

請求書発行や売上集計など
帳票処理をラクにしたい!

コムトラックシステム

Comtruck System(コムトラックシステム)
引用元:イクソル公式HP
https://www.ixol.co.jp/

ココが使いやすい!

  • ドライバー自身で売上登録ができ、経理が転記する必要なし
  • エクセル配車表の取り込み&請求書連携可能
  • リアルタイムでどこでも集計確認でき、決裁者にも共有しやすい
月額費用 11,000円~(税込)

基本機能や事例を
さらに詳しく見る

公式サイトから
問い合わせてみる

電話で問い合わせ

乗務務記録や点検記録など
車両管理をラクにしたい!

SmartDrive Fleet

SmartDrive Fleetキャプチャ
引用元:SmartDrive Fleet公式HP
https://smartdrive.co.jp/fleet/

ココが使いやすい!

  • 運転日報が自動入力されるため、記録のために帰社させる必要なし
  • 走行履歴からドライバーのクセを分析し、運転指導に活かせる
  • シガーソケットに挿すだけの簡単導入
月額費用 要お問い合わせ

基本機能や事例を
さらに詳しく見る

公式サイトから
問い合わせてみる

電話で問い合わせ

RECOMMENDED

おすすめの運送業システム3選
を詳しく紹介

請求書発行や売上集計など
帳票の処理をラクにしたい!

Comtruck System(コムトラックシステム)

Comtruck System(コムトラックシステム)
引用元:イクソル公式HP
https://www.ixol.co.jp/

請求売上管理と支払管理を中心とした、業務管理クラウドサービスです。明解でリーズナブルな料金設定が魅力。アカウントが増えても料金は加算されず、一律料金で利用することが可能です。充実したサポートで、高い継続率を誇っています。

Comtruck System(コムトラックシステム)
引用元:イクソル公式HP
https://www.ixol.co.jp/

動画で分かる!Comtruck System

引用元:Youtube「IXOL イクソル」 URL:https://www.youtube.com/watch?v=o3GChmm6SJE

Comtruck Systemの費用・料金

  • 初期費用
    無料
  • 月額費用
    11,000円~円(税込)

公式サイトで
プラン詳細を見る

Comtruck Systemの機能

指示入力
(日報データ)
携帯指示連絡機能
配車表
点呼表
乗務記録表
日常点検表
勤怠管理
伝言メール
請求書発行
支払明細書発行
業務月報、
売上月報、
期間集計表
外部データ
連携機能
※契約したプランによって使用できる機能に制限がかかります。詳しくは直接お問い合わせください。

Comtruck Systemを
導入した企業の担当者の声

CASE01
「専用システム開発も!」

ここ数年の事業拡大に伴う内容にも柔軟に対応して頂いております。
また、基本的にはパッケージシステム開発の会社ではあるそうなのですが、弊社専用のシステム開発なども行って頂いたりと大変助かっております。

参照元:株式会社イクソル公式HP(https://www.ixol.co.jp/#example
CASE02
「かゆいところに手が届くシステム」

軽貨物事業に必要な内容を全て網羅しており、たいへん便利に使用しています。
最近対応して頂いたドライバーの業務報告スマホアプリがあるのですが、そちらもコムトラックシステムと連動しており、ドライバーの報告がそのまま請求・支払業務と連動しているためかなりの事務処理削減につながりました。
また、MF会計用のデータアウトプットが可能なので、そちらも便利に使用させて頂いています。

参照元:株式会社イクソル公式HP(https://www.ixol.co.jp/#example
ナビゲーター
Comtruck Systemのサポート
安心して利用できるよう、電話、訪問、チャット、リモートなど、さまざまな方法でサポートしてくれます。
オプションで行っている「Excel配車表の取込み」サービスも、すでに使っているエクセルデータに合わせてストレスなく導入できると喜ばれています。

公式サイトでサポート詳細を見る

電話はこちら
050-3852-1537

Comtruck Systemのメーカー情報

会社名 株式会社イクソル
所在地

【札幌Office 】札幌市中央区南7条西4丁目422-14 札幌74Lビル6F

【東京Office】東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル 2階

ルート最適化や監視など
配車・運行をラクにしたい!

GeoRouter(ジオルーター)

GeoRouter(ジオルーター)
引用元:GeoRouter公式HP
https://geoinfo.co.jp/product/georouter.html

配送業務や訪問業務で活用できるGeoRouter(ジオルーター)は、PCやスマホで運行ルートの最適化やコースの自動作成、ドライバーへの指示が行えます。配車のプランニングから当日のスムーズな業務をサポートしてくれます。

GeoRouter(ジオルーター)
引用元:GeoRouter公式HP
https://geoinfo.co.jp/product/georouter.html

動画で分かる!GeoRouter

引用元:Youtube「株式会社ジオインフォシステム」 URL:https://www.youtube.com/watch?v=bcYRBhQCq6s

GeoRouterの費用・料金

  • 初期費用
    公式サイトに記載なし
  • 月額費用
    30,000円~(税不明)

公式サイトで
プラン詳細を見る

GeoRouterの主な機能

自動配車
ルート最適化
自動エリア分割
コース見える化
手動修正
手動配車、手動コース作成
リスト印刷
顧客情報管理
スマホと情報共有
実績/動態管理

GeoRouterを
導入した企業の担当者の声

CASE01
「紙からタブレットへの管理が一歩進んだ」

配送先の追加や減少が起こるごとに、複数の配送員にヒアリングして配送コースを変更していました。
コースを可視化することで、コースの見直しや共有ができると思い、システムを探したところ、GeoRouterを知りました。
シンプルな使い勝手と自社システムと連携できるようカスタマイズができたので、変更後の混乱も少なく済みました。
自社の意見も取り入れてシステム改善をしてくれるので助かりました。

参照元:GeoRouter公式HP(https://geoinfo.co.jp/product/georouter.html
CASE02
「運行指示書の作成時間が短縮できた」

運行指示書の作成に時間がかかっており、短縮する方法を探していた。
GeoRouterでは指示書のデータを蓄積していくので、そのデータを基に指示書作成が短縮できると考えて導入。実際に時間短縮が叶った。
働き方改革を進めるためにも、運行管理者全員でGeoRouterを使いこなしていきます。

参照元:GeoRouter公式HP(https://geoinfo.co.jp/product/georouter.html
ナビゲーター
GeoRouterのサポート
導入前にシステムのオンラインデモはもちろん、実際のデータを基に試作したルートの効率化を試算してくれ、さらにシステムを試用できます。

公式サイトでサポート詳細を見る

電話はこちら
076-471-8211

GeoRouterの開発会社

会社名 株式会社ジオインフォシステム
所在地

富山県富山市千原崎1-7-17

乗務記録や点検記録など
車両管理をラクにしたい!

SmartDrive Fleet(スマートドライブフリート)

SmartDrive Fleet(スマートドライブフリート)
引用元:SmartDrive Fleet公式HP
https://smartdrive.co.jp/fleet/

シガーソケットに挿すだけで運転中の重力を感知し、運転者のクセを可視化できます。また、ドライブレコーダーと一体型のデバイスも用意されています。

SmartDrive Fleet(スマートドライブフリート)
引用元:SmartDrive Fleet公式HP
https://smartdrive.co.jp/fleet/

動画で分かる!SmartDrive Fleet

引用元:Youtube「SmartDrive」 URL:https://www.youtube.com/watch?v=rfYJ8-7-VUg

SmartDrive Fleetの費用・料金

公式サイト内に記載はありませんでした。
詳しくは直接お問い合わせください。

公式サイトで
プラン詳細を見る

SmartDrive Fleetの主な機能

アルコールチェック
走行履歴
運転診断
リアルタイム位置情報把握
車両予約
運行工程
オプションレポート
業務ステータス
稼働状況
運転日報、月報
ジオフェンス

SmartDrive Fleetを
導入した企業の担当者の声

CASE01
「営業スタッフの稼働状況を見える化」

働き方改革推進のために、まずは営業スタッフの稼働状況把握を目的として導入しました。
複数のシステムを検討して、コストと機能のバランスが良かったことが決め手です。
営業先クリニックで患者さんに立ち会うことから、就業時間が伸びていることが把握できました。デジタルを活用して今後も業務フローを改善していきます。

参照元:SmartDrive Fleet公式HP(https://smartdrive.co.jp/fleet/case/cdl/
CASE02
「シガーソケットに挿すだけで導入できる」

シガーソケットに挿すだけという、手軽に導入できることが決め手でした。
これまでは車両管理をすべてドライバーに一任しており、配送ルートも管理していませんでした。
特に冬場は突発的に注文が入り、「いつ届けられるか」を即座に答えられない歯がゆさがありました。
SmartDrive Fleetを導入してから、リアルタイムに車両状況を把握できるので、受注時に「いつ頃届けられます」と電話口で答えられるようになり、「お客様第一」を叶えられるようになりました。

参照元:SmartDrive Fleet公式HP(https://smartdrive.co.jp/fleet/case/nakano-shouten/
ナビゲーター
SmartDrive Fleetのサポート
初期設定の完了後、活用できるか不安な場合は、オンラインでの無料レクチャーを実施してくれます。
また、平日10時~18時であれば電話でのサポートが受けられ、メールや専門フォームでの問い合わせも可能。
さらに、契約者だけがアクセスできるオンラインマニュアルも完備し、各機能の活用法やFAQなどコンテンツが豊富に用意されています。

公式サイトでサポート詳細を見る

電話はこちら
036-712-3975

SmartDrive Fleetの開発会社

会社名 株式会社スマートドライブ
所在地

東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階 (東京ミッドタウン日比谷)

運送業システムを導入した人にアンケート

ここでは実際にタンス預金を行っている人を対象にアンケートを実施しました。「選定の決め手になったポイント」や「導入後の利点」などを調査していますので是非運送業システム導入の参考にご活用ください。

運送業システムを導入する前、変更の必要性を感じた主な理由は何でしたか?

運送業システムに関するアンケート①
対象:運送業システムを導入したことがある人159名 期間:2024年2月14日~2月16日実施(調査機関:Fastask)

多いものから順に「運行管理の効率化」「配車管理の効率化」という結果になりました。

これらの効率化を図れるように大事なのは対応している機能とその使いやすさ。では実際に導入したことのある企業で、選定の決め手となったのは何だったのでしょうか?

選定の決め手となったポイントは何でしたか?

運送業システムに関するアンケート②
対象:運送業システムを導入したことがある人159名 期間:2024年2月14日~2月16日実施(調査機関:Fastask)

1位がサポート体制、次いで機能性、価格という結果になりました。せっかく導入しても運用が難しいシステムでは使い続けることができません。サポート体制が充実していて、価格や機能面のバランスの良いシステムを導入することをオススメします。

導入後、具体的にどのような利点がありましたか?

運送業システムに関するアンケート③
対象:運送業システムを導入したことがある人159名 期間:2024年2月14日~2月16日実施(調査機関:Fastask)

「配車の効率化と最適化」が最も多い結果となりました。当初必要性を感じていた問題点を解消することが出来た他、「ドライバーの業務負担軽減」「管理コストの削減」というメリットにも繋がっているようです。

このページでは会社とドライバーの日々の業務を効率化してくれる運送業システムを紹介しています。オススメの運送業システムをもう一度見たい方は下記からご参照ください。

オススメの送業システム3社を
もう一度見る

運送業システムとは

運送業システム(運行管理システム)のメリットや費用相場、システム導入の流れ、運送業システムのソフトの種類などについて紹介します。

運送業システムのメリット
運送業システムのメリット

運送業システムを導入することで、請求や支払いミスを減らしたり、堅実な労務管理が可能になり、業務の効率化を図ることができます。燃費の管理もできるため、燃費の改善にもつながります。

運送業システムの費用相場
運送業システムの費用相場

運送業システムを導入するには、導入のための初期費用がかかります。その後、毎月、運用費を支払うことになります。システムの費用を比較する際には、初期費用と運用費を確認するようにしましょう。

運送業システム導入の流れ
運送業システム導入の流れ

そのシステム会社に問い合わせをすると、担当者が訪問し、環境などをヒアリングしてくれます。その後、システムのデモンストレーションを行い、見積もりを取り、契約という流れになります。

【運送業版】パッケージ版とクラウド版の違い
【運送業版】パッケージ版とクラウド版の違い

運送業システムには、大きく分けてパッケージ版とクラウド版があります。社内のシステムの環境にもよりますが、一般的にクラウド版のほうが導入もメンテナンスもしやすいといわれています。

運送業システムのフリーソフトは導入すべき?
運送業システムのフリーソフトは導入すべき?

とりあえず運送業システムを試してみたいという場合には、フリーソフトを利用するという方法もあります。ただし、機能的な面での制限があったり、セキュリティ面での不安も残ります。

運送業システムの選び方
運送業システムの選び方

運送業において勤怠管理システムや配送システムはどのように選べばよいでしょうか?システムの内容、パッケージ版かクラウド版かなど、自社に合った運送業システム(運行管理システム)を選ぶには、まず自社の抱える課題を考えていきましょう。

運送業システムの導入の際には、各種の補助金制度が利用できます。こうした補助金を有効活用することで、システム導入の際のコストを抑え、導入のハードルを下げることができるのです。

運送業システムや運行管理システムには、パッケージ型、カスタマイズ型、特化型の3種類があります。また、システムの管理方法もオンプレミスとクラウドの2種類に分かれます。これらの種類をうまく使い分けることで、自社に合わせたシステムの運用を行いましょう。

運送会社もデジタル化が求められています。運送業界、物流業界で、デジタル化との相性がいい分野が情報処理業務です。配車や運転日報や動態管理のような事務分野をデジタル化すれば、将来的にDXにもつなげられるでしょう。

運送業システムで効率化が求められるのは、需要が高まっているのに高齢化や労働環境の問題があるからです。運送業システムを導入すれば、現場や受注や請求のような事務業務、在庫管理などが効率化できて負担を軽減できます。

運送業のIT化を図るためのツールやシステムには、様々なものがあります。それぞれ得意分野や対応可能な分野を把握して導入することで業務の効率化が可能です。複数のツールを連動させるシステムや、導入に活用できる補助金もあります。

運送業システムを選ぶ際は、使いやすく費用が適切であるかを確認することが重要。また、サポート体制が充実しているかをチェックすることも必須。新しいスタッフが入ったときに、操作がわからなくてもすぐに相談できる窓口があると心強いです。システムのサポート体制を確認する方法についても知っておくと良いでしょう。

デジタコの種類は「単機能型」「標準型」「多機能型」の3つです。導入する際は、運送業システムに必要な機能が備わっているものを選ぶようにしましょう。一時的な導入費用だけを見て購入してしまうと、後々買い替えが必要になるといったケースがあるので注意が必要です。

運送業システムによる経営分析は、今まで個別に管理されていた勤怠・給与・受注などのデータを一言管理し、コスト削減やスマートなデータ分析を叶えます。必要な機能が導入されている運送業システムを選ぶことが大切です。

運送業システムを導入することで、テレワークとして職場以外の場所に居ながら業務が行えるようになります。現業職が多い物流の現場でも、点呼や運行管理、経理・労務のような内勤業務のテレワーク化が期待できるでしょう。

WMS機能は、倉庫での入出庫・在庫管理などの作業を効率化するための運送業システムの一種です。倉庫作業における省人化や省力化を叶え、適切な在庫管理による誤発注や在庫過多の予防、顧客満足度の向上に役立ちます。

運送業システムは物流に関する展示会に出展されるケースが多く、豊富な機能を搭載した新しいシステムが各メーカーから出展されます。展示会では機能や使い勝手に加えて、企業ごとの強みや対応力も確認することができます。

運送業システムの導入は、慢性的な人手不足による業務の滞りやヒューマンエラー、事故やトラブルの防止に役立ちます。すでにトラブルや人手不足の影響が出ている現場では、新しいシステムの導入を検討したいところです。

あおり運転は改正道路交通法によって厳罰化され、妨害運転と判断された場合には運送業者に対しても厳しい処罰が適用されます。運送業システムは本部とドライバーを繋ぎ、あおり運転のリスクを減らす効果が期待できます。

運転者台帳は貨物自動車運送事業法の中の貨物自動車運送事業輸送安全規則に定められているルールで、ドライバーの氏名や登録日、違反歴などを記録するものです。運転者システムによってマンパワーに依存しない管理が可能になります。

運送業者が必ず備えておかなければならないのが、遅延に関するリスクヘッジです。遅延によってクライアントに何らかの損害を発生させてしまった場合、賠償責任を負うことになります。運送業システムを導入すれば、遅延リスクを抑えることが可能です。

ナビゲーター
POINT
運送業システム(運行管理システム)がどのようなものかを知ることで、自社で導入すべきものも見えてきます。導入してから失敗したとなる前にしっかりと知識をつけておくと良いでしょう。

事業別!運送業システムで
重視すべきポイントは?

運送業は主に軽貨物運送業、一般貨物運送業、自動車陸送運送業、緊急配送管理の4種類があり、業務管理システムに求める機能も違ってきます。
様々な種類がある運送業システム(運行管理システム)から、自社に合ったものを選ぶため、画面の見やすさや使いやすさだけでなく各事業の特徴・必要な機能について確認することが大切です。
また、導入前後のサポートについても、対応方法や時間をきちんと確認しておきましょう。

自動車陸送運送事業は、車検切れやナンバープレートの付いていない車を陸上経由で輸送する専門的な運送事業です。事業におけるメイン業務は車両の陸送ですが、業務管理的には「回送運行許可証」及び「番号標管理簿」の作成・管理が重要なポイントになります。

回送運行許可証は車検のない自動車を公道で運行するための許可証、番号標管理簿はその回送運行許可(ディーラーナンバー)を使用するごとに記録する台帳です。

この2つは自動車陸送運動事業で必須の業務ですが、運送業システムの中にこれら2つを自動作成できる機能があれば、かなり便利です。加えて、配車表作成、伝票入力・集計、請求書・明細書の発行、業務月報、売上月報、といった機能が搭載してあれば業務全体の効率化に資するでしょう。

一般貨物運送業は、他人の依頼に応じて運賃をもらい、軽自動車及び2輪車を除く事業用トラックを使用して貨物を運送する事業です。トラックは5台以上、ドライバーも5名以上の確保が必要といった要件があります。

業務管理システムを導入する場合に重視したいポイントは、ドライバーごとに行われる経費の集計と運賃の算出です。これに対応できるシステムがあれば業務を効率化することができます。同機能を持ったシステムを複数の営業所で使用できる否かについてもチェックしておきたいところです。

さらに、日報管理、車両管理、配車表作成、伝票入力・集計、請求書・明細書の発行、荷主管理、傭車管理、乗務員管理、分析などは業務効率化に役立つ機能ですから、搭載の有無を確認しておきましょう。

軽貨物運送事業は正式には貨物軽自動車運送事業と呼ばれるもので、文字通り軽自動車や二輪自動車を含めた軽トラックを使用して有償で荷物を運送する事業です。

輸送車両のサイズが小さいことや積載量が少ない特徴もさることながら、軽貨物運送では、荷物の種類や量、運送距離、時間、作業内容によって運賃を算出する必要があり、その分、支払明細の作成が多くなるのが事業の特徴です。そのため、業務管理システムを導入する場合は、大量の支払明細書の作成に対応できる機能を持つシステムかどうかを確認する必要があります。

チェックしておきたい機能としては、請求書・明細書の発行、配車表作成、伝票入力・集計、ドライバー・従業員管理です。導入前後のサポート体制の有無や充実度もチェックしておきましょう。

事業別!運送業システムで
重視すべきポイントは?

運送業務を一元管理できる
システム・ソフト一覧

運送業の日々の業務を効率化してくれる、多彩な機能を搭載したシステム・ソフト21選をご紹介します。費用、機能、サポート体制など、それぞれ異なる魅力を持ったシステムばかりですので、ぜひ比較して、導入検討の参考にして下さい。

ATRAS21

運送業界での長年のノウハウを凝縮したシステムとして、運送業界で必要な機能と使いやすさにこだわっています。導入前のヒアリングやデモから、導入後の対応まで、充実したサポート体制も魅力です。

  • 会社名:株式会社エイブルコンピュータ技研
  • 所在地:北海道帯広市東3条南8-1-1 NKビル 3F

Comtruck System
(コムトラックシステム)

請求売上管理と支払管理を中心に、運送業に必要な機能を搭載した業務管理クラウドサービスです。初期の導入費用がかからずリーズナブルに導入できる点や、シンプルな料金設計も評価されています。

  • 会社名:株式会社イクソル
  • 所在地:【札幌Office 】札幌市中央区南7条西4丁目422-14 札幌74Lビル6F
    【東京Office】東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル 2階

CONTORA
(コントラ)

コンテナ・トラック両方の輸送業務を管理することが可能です。老舗コンテナ・トラック運送会社が監修し、現場に即した機能を多数搭載。パソコンに詳しくない方も無理なく運用することができます。

  • 会社名:株式会社パーツ
  • 所在地:兵庫県神戸市中央区京町78 三宮京町ビル 3F

DriveDoor

クラウド型ながら、事業規模に合わせた柔軟な拡張性や、事業内容に合わせたカスタマイズが可能。多彩な機能を搭載し、特積み、航空貨物、ローリーなどの業種にも対応しています。

  • 会社名:株式会社トラックス
  • 所在地:千葉県市川市高谷1861-7

DiSynapseASP

運⾏管理、労務管理、受注管理、点呼記録など、システム同士を連携させて、業務を効率化。各会社の業務内容やニーズに応えて、柔軟にカスタマイズを行ってくれます。

  • 会社名:株式会社 情通
  • 所在地:宮城県仙台市太白区砂押南町2-3 日興ビル3F

Good Truck

運送業界の実務経験者が、現場目線で開発した、クラウド型の運送管理システムです。運行管理、車両管理、顧客管理、経費管理、分析など、運送業に必要な機能を一元化。業務の効率化を図ってくれます。

  • 会社名:GT 合同会社
  • 所在地:神奈川県相模原市南区麻溝台1-13-1 DPL相模原

info-Logi

直感的な画面表示と操作性で、パソコンに詳しくない方でも簡単に操作することができます。さまざまな荷物に対応し、豊富な機能と充実のサポート体制で日々の業務を効率化してくれます。

  • 会社名:インフォポート合同会社
  • 所在地:岡山県岡山市北区下中野 477-5 3F

Ktrn21

総合物流企業トナミホールディングスグループのIT事業者「KSR株式会社」が、「見える化」と「リアル化」を目指して、高度な物流ノウハウとIT技術で開発した統合型システムです。

  • 会社名:KSR株式会社
  • 所在地:京都府京都市下京区中堂寺壬生川町20-2

SMILE V トラックスター

運転日報をベースに、得意先、傭車先、車両、運転者といった4つの管理をリアルタイムで連結できる、運輸業者向け販売管理システムです。充実した機能とデータ連携で、さまざまなニーズに対応してくれます。

  • 会社名:大塚商会
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4

RE.SPEC

受注、運賃、配車、車両、労務、請求、支払管理といった基本的な機能をベースに、各企業に合わせてシステムチューニングを実施。多様な物流フィールドに対応できるミドルカスタム型システムです。

  • 会社名:株式会社ハーベスト
  • 所在地:埼玉県鴻巣市本町4-2-27 2F

Transport

拡張性の広さや、自由度の高さが魅力の、運輸事業者向け管理システムです。配車管理や運行管理、配送管理、車両管理など、運送業務のあらゆる管理を一括で行うことができます。

  • 会社名:株式会社エコシステムズ
  • 所在地:愛知県名古屋市西区名駅2-4-3ウエスタンビル75

一番星運送業システム

多彩な基本機能で、日頃の業務の効率化を強力にバックアップしてくれる運送業システムです。毎日の入力をスピーディーに、簡単に行えるよう、入力補助機能が充実しています。

  • 会社名:システムギア株式会社
  • 所在地:大阪市西区江戸堀1-9-14 システムギア大阪ビル

運送管理 V7

運送業務の売上、請求、支払、稼働、収支管理を行うことができる、運輸事業者向け管理システムです。独自開発により実現した操作性が魅力で、多くの情報をより迅速に処理できるよう設計されています。

  • 会社名:株式会社エッグ
  • 所在地:大阪府大阪市西区立売堀1-1-5本町ギボービル4F

快走韋駄天

ガラケーも含めた手持ちの携帯・スマホ・会社のパソコンだけで、受注・配車・請求・入金管理をすることができます。ASPで提供されるため、初期の導入コストも不要で、申込み当日から利用することができます。

  • 会社名:株式会社テンツオフィス
  • 所在地:東京都江東区古石場3-13-9リバーサイド木場1F

カーンタンくん

全国で260社以上の導入実績(2020年11月時点)で、「凄い」「簡単」「便利」を実現した運送管理システムです。見やすい画面設計で、パソコン初心者やパソコンが苦手な方も「カーンタン」に操作することが可能です。

  • 会社名:株式会社佐賀電算センター
  • 所在地:佐賀県佐賀市兵庫町藤木1427-7

そらうど

佐賀県貨物自動車事業協同組合に所属する運送会社同士がアイディアを出し合い、開発されたクラウド型の運送管理システムです。1日わずか400円の安価な価格設定ながら、充実の機能を搭載しています。

  • 会社名:佐賀県貨物自動車事業協同組合
  • 所在地:佐賀県佐賀市西与賀町大字厘外1592-4

ツカエバドットコム

「より安く、より使いやすく、より便利に」を目指して開発された、運輸業者のための請求書発行システムです。それぞれの企業に合わせたカスタマイズにも柔軟に対応してくれます。

  • 会社名:有限会社コプロ
  • 所在地:福島県郡山市富田町上西田38-2

轟~TODOROKI~

受注・実績・売上・請求・入金確認など、運輸業における全ての業務をサポート。精度の高い日次レベルの収支管理で、経営分析や戦略意思の決定をサポートしてくれます。

  • 会社名:株式会社東計電算
  • 所在地:神奈川県川崎市中原区市ノ坪150

トラックメイトPro

請求処理、営業所別売上管理、車両経費管理、傭車管理など、運輸・運送業の特殊な業務に対応した多彩な機能で情報を一元管理。運転日報をベースにした入力画面など、高い操作性で業務を効率化してくれます。

  • 会社名:株式会社タイガー
  • 所在地:東京都千代田区神田猿楽町2-1-14 A&Xビル2階

運びま専科

板紙・家庭紙・液体・石油・土木などさまざまな運送業者に対応。運行日報を入力するだけで、経費管理から経営戦略分析まで、業務の合理化をサポートしてくれます。

  • 会社名:キャルシステムソリューション株式会社
  • 所在地:東京都品川区大井1-6-3 アゴラ大井町3F(静岡銀行品川大井町支店3F)

SmaRyu

「日々の運行業務を見える化して、ペーパーレスで簡単に」がモットーのクラウド型物流効率化システムです。多彩な機能で、あらゆるドライバーの環境改善と業界全体の底上げを目指しています。

  • 会社名:CBcloud株式会社
  • 所在地:東京都千代田区神田練塀町300住友不動産秋葉原駅前ビル16階

カーゴプロ

データの保全についても重要視して設計されたシステム。異常終了が起きた場合のデータの回復処理や、数値の矛盾を解決するための再計算機能を搭載しています。

  • 会社名:有限会社 マックス
  • 所在地:長崎県諫早市栄田町46番10号

JOIN運送業システム

会計ソフト開発に関するノウハウが凝縮されており、売上管理や売上分析などが容易に行うことができ、作業時間を短縮。「JOIN簡単給与」との連携も可能です。

  • 会社名:株式会社デジタル
  • 所在地:大阪府大阪市北区野崎町6番7号 大阪北野ビル5F

ODIN

効率的な配送計画の作成、配送状況の把握で配送業務にかかる負担を軽減することができます。クラウドシステムなのでソフトウェアをダウンロードする必要がなく、出先での運送管理が可能です。

  • 会社名:株式会社オンラインコンサルタント
  • 所在地:神奈川県横浜市西区北幸2丁目10−39 日総第5ビル9F

Navisia運送販売システム

全国で約600ライセンスの導入実績を持つ「Navisia運送販売システム」。システムには運送業者の要望や意見を反映しているため、実用的なシステムです。またアプリケーションが利用できるので、より直感的な操作が可能です。

  • 会社名:株式会社ナブアシスト
  • 所在地:群馬県前橋市元総社町521-8

配達くん14

経営改善に繋がる問題点の抽出や管理資料の作成など、運送事業者のニーズに応える経営管理システムです。
手厚いサポート体制と、利用する会社に合わせて行うさまざまなカスタマイズが魅力で、自社にフィットした管理システムの構築が可能です。

  • 会社名:大創システム株式会社
  • 所在地:東京都台東区上野1-17-6

車楽クラウド

事務作業の効率化や配車効率アップを実現する運送・運輸業向けの管理システムです。
クラウド形式のため低コストでの導入・どのパソコンからでも使用できるという楽々運用を可能にし、さまざまなデータ分析や効果的なデータ活用に貢献します。

  • 会社名:株式会社 オーユーシステム
  • 所在地:岡山市北区撫川839-1

ジコナクス

ジコナクスの名の通り事故防止に重点を置いた運送業システムです。「事故を起こさない社風づくり」が可能であり、ドライブレコーダと連携することで客観的な視点からデータを読み解きます。また勤怠管理、事故管理を一元化して行うことができる点も特徴的です。

  • 会社名:株式会社フルバック
  • 所在地:三重県四日市市朝日町15-7

システムライフ

業界ごとに特化したシステムを作成しているシステムライフ。親会社が運送業であり特に得意としている分野です。カスタムメードソリューションであるため顧客ごとに最適なソリューションを提要することが可能です。

  • 会社名:株式会社システムライフ
  • 所在地:福岡県福岡市中央区那の津3-14-14 吉浦運送ビル2F

RICOH

RICOHの運送業システムは、運送業の仕事を3つのステップに分け、それぞれに特化したソリューションを提供しています。必要な部分が明確な企業の場合パックを導入するだけで改善が図れるためコストを抑えることが可能です。

  • 会社名:リコージャパン株式会社
  • 所在地:東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル

けーた君

場所を選ばずいつでも、どこでも簡単に配車表を作成できるクラウドタイプの取らく運送業向け配車管理システムです。クラウドシステムだから、配車マンはテレワークで仕事ができるほか、ドライバーも自宅や外出先などから端末を使ってリアルタイムに運行予定の確認が行えます。

  • 会社名:インプラス株式会社
  • 所在地:愛知県名古屋市中区丸の内2-3-31 新村上ビル2F

ONEsLOGI

日立物流ソフトウェアが、運送業務の現場で培ってきたノウハウを活かして開発した運送業支援システムです。売上や在庫状況をはじめ、荷動きをリアルタイムで確認でき、運送業務におけるミス防止にも役立つ機能となっています。

  • 会社名:日立物流ソフトウェア株式会社
  • 所在地:東京都江東区東陽7-2-14東陽MKビル

いつもNAVI動態管理サービス

いつもNAVI動態管理サービスは、スマートフォン端末やタブレット端末、インターネット環境があればすぐに導入できるクラウドアプリ型システム。特別な端末や操作スキルが不要で、GPS機能を活用して動態管理を行えるのが持ち味です。

  • 会社名:株式会社ゼンリンデータコム
  • 所在地:東京都港区芝浦3-1-1号msb Tamachi 田町ステーションタワー N22F

トラッカーズマネージャー

運送業をはじめ、メンテナンス業務や介護業務などさまざまな業態で応用が利くトラッカーズマネージャー。ドライバー情報や車両情報などの膨大な情報も、クラウド上で一括管理できます。これにより、部署やチームだけでなく社内全体でスムーズに情報共有を行えます。

  • 会社名:株式会社Azoop
  • 所在地:東京都港区芝大門2-11-8 住友不動産芝大門二丁目ビル2F

ProsperLogi

ProsperLogiは、売上管理や車両情報管理、経費管理など幅広い運送業務に対応している運送業支援システム。現場のユーザーがすぐに使いこなせるよう、シンプルで分かりやすい操作画面を導入しているのも特徴です。

  • 会社名:株式会社ウェルコム
  • 所在地:山形県山形市あこや町3-9-21

トータル運送管理システム「ロード」(両備システムズ)

ロードは、受注管理から売上・請求管理、仕入管理、傭車管理まで網羅する運送業統合管理システムです。豊富な連携機能が備わっており、個別カスタマイズも可能で、自社の事情や現場の要望に合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。

  • 会社名:株式会社両備システムズ
  • 所在地:岡山市南区豊成二丁目7番16号

トラDON

トラDONはシンプルな構成の入力画面なので複雑な操作を覚える必要がなく、PC操作が苦手な人でも簡単に操作が覚えられるのが特徴です。さまざまな帳票機能・絞り込み機能があり、分析ツールも標準装備です。

  • 会社名:日本システム株式会社
  • 所在地:鹿児島市荒田2丁目56番10号

運送管理システムEXPRESS

運送管理システムEXPRESSは、検索機能も充実しており、荷主・傭車先・発着地などから検索できるだけでなく、過去運賃の検索も可能。導入初期に役立つガイダンス機能や請求漏れを防ぐアラート機能も備わっています。

  • 会社名:株式会社コモンコム
  • 所在地:福岡市東区千早 5丁目13-38ルリアン香椎参道 6階

ゆうゆう運輸

ゆうゆう運輸では、未確定運賃の変更画面が取引先ごとに一覧表示できるので運賃変更時の入力や確定がスムーズにできます。運行日報入力画面からマスタ登録も可能です。オペレーションが煩雑にならず、効率的な入力や登録が可能です。

  • 会社名:マック株式会社
  • 所在地:石川県小松市御館町甲52番地

エッグ
(運送管理)

物流業全般のシステムを開発・販売している会社。運送管理システムは必要な機能に絞って導入することが可能です。体験版もあるため、まずは無料で試せるのも魅力的なポイント。

  • 会社名:株式会社エッグ
  • 所在地:【東京本社】東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館5F【大阪本社】大阪府大阪市西区立売堀1-1-5 本町ギボービル4F

e-ロジユソー21

鈴与システムテクノロジーが開発したシステム。配車支援や入力業務などの機能が搭載されており、運送業をサポートするためのシステムになっています。使いやすさにこだわっており、ドライバーの労働環境改善にもつながるでしょう。

  • 会社名:鈴与システムテクノロジー株式会社
  • 所在地:静岡県静岡市清水区中之郷2-1-5 鈴与情報センタービル

JDEAN
(ジェイディーン)

運輸業界に特化してサポート開発を行っているAtelier Bits 株式会社が手掛けているシステムです。ドラレコなどの外部機器との連携も可能で、扱いやすさも追及したシステムになっています。導入後もリモートによるサポート体制も。

  • 会社名:Atelier Bits 株式会社
  • 所在地:埼玉県さいたま市浦和区高砂3-6-12 グローバル県庁前 312

アイ・エス・ビー
(運輸業向けクラウド
基幹システム)

定額制のシステムで、運用しやすいよう柔軟にカスタマイズも可能です。企業ごとに必要とされる機能だけを搭載できるため、シンプルで使い勝手のいいシステムと言えます。運輸業務に精通したエンジニアのサポートも受けられるでしょう。

  • 会社名:株式会社アイ・エス・ビー
  • 所在地:東京都品川区大崎5-1-11 住友生命五反田ビル 1F

軽貨物Pro

軽貨物運送業者向け業務管理システム「軽貨物Pro」。軽貨物業界に特化しているところがユニークです。業務やドライバー、従業員管理に渡る機能を備えており、現場の声を聴いて機能向上を図っています。

  • 会社名:ビジネスコンピューターサービス合同会社
  • 所在地:東京都調布市飛田給2-12-9-306

AEGISAPP運送業

AEGISAPP運送業は一般貨物自動車運送事業者向け基幹システムです。配車計画、動態管理、日報作成や請求業務などの機能を搭載。運送業で行うプロセスをひとつのシステムで行えます。

  • 会社名:株式会社イージスワン
  • 所在地:東京都千代田区麹町4-3-4-3F

TUMIX
(ツミックス)

カンタンな入力で幅広い業務が一元化できるクラウド型の配車・業務システムです。重複の入力が不要なので業務負担の軽減のみならず、ミスも減らすことが可能。クラウドなのでスマホなどの端末と連携し、現場ともリアルタイムで情報共有ができ、手配総合力を高めることができます。

  • 会社名:株式会社TUMIX
  • 所在地:静岡県静岡市葵区栄町1-3 鈴与静岡ビル 4階

CloudExpress

CloudExpressは、軽貨物運送事業者向けの管理業務を省略する支援ツールです。パソコンさえあればその日からすぐ使用可能で、受注からドライバー割り当て、実績管理までサポート。売上・支払集計を行い、収益状況を見える化することで運行収益を把握し、経営計画にまで役立てることができます。働き方改革にも活用可能です。

  • 会社名:株式会社コーネッツ
  • 所在地:東京都港区芝2-5-21曽根ビル3F

エクセル管理はもう古い!
運送業業務電子化のススメ

運送業業務をエクセルで行っているという会社も多くあるかもしれませんが、電子化すると、業務をスムーズに行うことができます。

配車計画や運行計画を管理することで、配送・輸送業務を効率化することができます。リアルタイムで情報の更新や共有ができるので、タイムロスや業務の無駄も少なくなります。

運送業において、乗務前や乗務途中、乗務後の点呼は欠かせません。酒気帯びの有無や健康状態の把握、睡眠時間など、多くの項目を一覧で確認することができます。

運送業では、ドライバーだけでなく、車両の点検も必要です。タイヤの空気圧や亀裂の有無、ホイールの取り付け状態、ブレーキ液量、ランプ類の点灯などを点検します。

運転日報は、業務で自動車を使用した際の記録で、運送業務を行っている企業では、作成義務のある書類のひとつです。運転者の氏名や乗務距離、休憩時間、貨物の積載状況などを記載します。

傭車とは、自社の仕事を下請けの運送会社やなどに依頼することを言います。複雑になりがちな傭車管理も、システムを採り入れることで、スムーズになり、より効率的に活用できます。

業務内容と別に管理をしていると、転記や入力などの作業に時間がかかります。電子化により、こうした業務を効率化でき、未確定運賃の請求漏れなどを防ぐこともできます。

売上管理を電子化すると、作業のスピードアップが見込めたり、ルーチンワークを効率化することができます。また、リアルタイムで情報を共有することも可能です。

動態管理システムとは、業務に使用している各種車両の位置をリアルタイムで把握できるようにするためのシステムです。これによって、自社で運用しているすべての車両を把握できるだけでなく、突発的な事故やトラブルが発生したときでも迅速にドライバーに連絡することができます。

安全運転管理機能システムは、ドライバーの運転状況をリアルタイムで把握できるシステムです。これによって、急加速や急ブレーキといった危険運転や居眠りなどに対して警告を行うことでドライバーの運転を改善し、交通事故ゼロを目指します。

ナビゲーター
POINT
エクセル管理からシステム化することで、ミスの軽減や業務効率化など様々なメリットがあります。今後事業の拡大や新規事業への参入などにも寄与する可能性も秘めています!

運送業の労働基準について

運送業は、特殊な労働環境を持っているため、働き方改革の施行も一般企業とは違う基準で行われます。2024年に適用される新しい労働基準を遵守するための労働環境や状況の改善が急務となっています。
運送業務の問題点、注意点は「長時間の拘束時間」や「時間外労働の多さ」、「同一労働同一賃金」などがありますが、労働状況と環境の把握などの聞き取りを行い、作業の効率化や雇用形態の見直しなど、具体的なプランを考えて実行していきましょう。

運送業・物流業界は2024年問題を真剣に考えなければならない時期に来ました。働き方改革によって、運送業、物流業界は2024年4月1日以降、年間時間外労働時間の上限が960時間になるのです。問題を解決にするには業務効率化が求められます。

トラックドライバーの労働時間を定義する法律では、労働時間・運転時間・待機時間・休憩時間・拘束時間など混同しやすい用語が使用されています。適切な勤怠管理のために、用語の定義を把握しましょう。

効率的な輸送のためには、荷物の積み下ろし時間、いわゆる荷待ち時間の短縮がカギ。荷待ち時間は運送会社・荷主どちらにとってもムダな時間です。また荷待ち時間を給与の支払い対象と認識していないケースも多く、荷主のコスト意識改善が急務となっています。

道路渋滞や荷待ち時間によって、トラックドライバーの仕事は長時間労働になりがち。2024年からは労働時間上限規制が設けられ、違反には厳しい罰則が科せられます。雇用する側もされる側も労働時間を正しく理解しましょう。

物流は経済を支える重要なインフラでありながら、長時間労働などでブラックな職場環境が常態化していました。そのため深刻なドライバー不足となり物流が滞ってしまいます。そこで官民ともに運送業界の働き方を改善するための「ホワイト物流推進運動」が提唱されています。

「運転者職場良好度認証制度」が正式名称である「働きやすい職場認証制度」。働きやすい職場認証制度が制定されたのは人材不足を解消するためであり、取得すると労働環境の良さをアピールするのに役立ちます。他にも社会的信頼性を得られるなど、様々なメリットがありますが、申請するには条件を満たさなくてはなりません。ここでは働きやすい職場認証制度の申請条件やメリットなどについて詳しくまとめました。

長時間労働は労働者にさまざまな悪影響をもたらします。労働災害や過労死もその一つであり、労働者の労働時間を適切に管理できなかったとして、企業側に刑事責任が問われるケースも珍しくありません。ここでは運送業界における長時間労働のリスクについて詳しくまとめています。

インボイス制度が適用されると免税事業者はインボイスを交付できなくなるため、運送業者の中でも特に免税事業者が受ける影響は大きいです。仕入税額控除のハードルが上がり、仕入れる側としても取引先を見直す必要が出てきます。ここではインボイス制度の導入により運送業界が受ける影響について詳しくまとめました。インボイス制度の対象などについても分かるので、ぜひ参考にしてください。

2024年問題の解決策

「2024年問題」とは、荷物の輸送や配送を担うトラックドライバーの時間外労働時間が規制されることで起きる諸問題の総称です。人手不足や輸配送にかかわるコストの増大などが懸念されていますが、人手不足の解消や輸送効率の適正化といった工夫によって、現場にかかっていた負担を軽減できます。
2024年問題はドライバーや現場で働くすべてのスタッフだけではなく、一般の消費者や荷主にも影響を与えます。問題を解決するためには物流システムの導入など、現場レベルで改善策を取り入れることが大切です。

運送業界では、「2024年問題」によって人手不足に陥り、退職者がさらに増えて業務に支障をきたす可能性が懸念されています。労働者にかかる負担や業務の無駄を見直し、労働環境を改善することが2024年問題の改善に繋がります。具体的にどの部分を見直すべきなのか、なぜ労働環境の見直しが必要なのかを確認しましょう。

人手不足の解消や労働環境の改善、業務の効率化などを目指して、運送業でもDXが推進されています。DXを推進して各従業員の業務負担が軽減すれば、離職率の低下にもつながるはずです。そこでDX推進のメリットや推進する際のポイントをチェックしましょう。

労働時間の短縮に伴って発生する2024年問題を解決するために、輸送・配送方法の変更も視野に入れなくてはなりません。労働者にかかる負担を減らしながらも、今まで通りの輸送・配送を行うためには、より効率よく配送できる方法を見つけましょう。そこで、輸送・配送方法の変更を行うべき理由やポイントを紹介します。

インタビュー!
運送業システムを導入して…PR

実際にComtruck Systemのシステムを導入している企業株式会社H&Rさんにインタビューを行いました。実際に使ってみての感想や、導入して良かった点などを詳しく聞いております。

運送管理システムの導入事例を見る

クラウド型運送業システム システム導入企業への
インタビューをここから確認サービス紹介動画あり