T“LUCK”│運送業システム初心者のためのWEBマガジン » 運送業の2024年問題の解決策 » 労働環境の改善

公開日: |更新日:

労働環境の改善

「2024年問題」は、消費者やユーザーだけではなく現場で働くスタッフや社員にとっても深刻な問題です。この問題を改善するためには、各事業者が労働環境を改善する必要があります。ここでは、2024年問題のためにできる労働環境の改善について、理由やポイントを紹介します。

2024年問題解決のために労働環境の改善が必要な理由

人手不足解消のため

2024年問題では、時間外労働時間(残業時間)の規制によって労働者の健康が守られる一方、時間外労働によって賃金を得られなくなった労働者が退職する可能性が高く、人手不足が懸念されています。

そのため、待遇や給与体系の改善を行うことで労働者の退職を防ぎ、新たに求職者を募る必要があるのです。

労働者の負担軽減のため

DX(デジタル・トランスフォーメーション)と呼ばれる方法は、デジタル技術を活用して労働環境を整備し、自社の競争力を高める方法です。

DX化は多くの業種で推奨されていますが、特に2024年問題を抱える運送業界では、省人化を叶え労働者の負担を軽減する方策として注目されています。

2024年問題解決のために労働環境を改善する際のポイント

勤務体制の見直し

勤務時間が固定されている職場でも、可能な場合は自宅や職場以外の場所から勤務できるようにするなど、フレキシブルに勤務できるように整えることが大切です。

運送業界では荷主との関係を重視するため、自社だけで改善が難しい場合があります。そのような場合は、働き方改革が必要である旨を荷主に説明し、協力しながら労働環境を改善していきましょう。

業務の効率化

人手不足に対応するための方法として、業務の効率化もひとつの方法といえます。

業務の効率化では、輸送網や物流拠点の見直しを実施し、必要であればモーダルシフト(トラックに代わる輸送手段)へ切り替えましょう。

現場で行われている作業の中で無駄や手間がかかっている部分を見直したり、DX化によって省人化を図ったりする方法、他社と協業し輸送を共同化・労働にかかる負担を軽減するために中継輸送を選ぶこともできます。

デジタルツールの導入

DX化の一環として、自動で入力や管理ができるシステム・ツールの導入で労働環境が改善できます。データやシステムの連携、遠隔からでもアクセスや操作ができるようにシステムを構築するといった方法が挙げられます。

トラックにIoTを搭載すれば、荷物やドライバーの位置が把握でき、正確な場所や時刻のデータ収集と運行計画が立てられます。デジタル化によって省力化を図ることで、快適な労働環境が整備できます。

労働環境の改善以外にも2024年問題の解決策をチェックしよう

2024年問題は、一般の消費者やユーザーだけではなく、現場の労働者や事業者にも大きな負担になります。まずは労働環境や勤務体制の見直しを行い、改善が必要な部分から対応を検討してみてはいかがでしょうか。

以下のページでは運送業システムの基本について解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

運送業の2024年問題の解決策について

クラウド型運送業システム 導入しやすい最安値プランで、
気になる費用を比較

COMPARISON
   
クラウド型運送業システム
料金比較

  運送業システムの中から主流になりつつあるクラウド型のシステムをピックアップ。それぞれのシステムの最安プランで1年間利用した場合の料金で比較しました。また、ID(アカウント)は代表に1つ、配車担当1つ発行した場合を想定しています。(2020年12月23日調査)

システム名 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
その他導入時のオプション費用 サポート内容
Comtruck System
(コムトラックシステム)

資料請求・
お問い合わせはこちら

                   
132,000(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:11,000円
    (LIGHT EDITION)
  • 特になし
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

Good Truck
(グッドトラック)

資料請求・
お問い合わせはこちら

                       
172,700円(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  •                                
  • 月額費用:11,000円
    (エントリープラン)
  •                                
  • ログインアカウント:1,100円/1アカウント
    (手数料)
  • 最大同時利用数:3,300円/ 1アカウント
    (月額)
  • ETC利用データ取込:+3,300
  • デジタコデータ取込:+3,300
  • 出張サポート費用:
    2,750円/時間
    ※別途交通費
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

そらうど

資料請求・
お問い合わせはこちら

                       
209,000円(税込)
内訳
  • 初期費用:11,000円
  • 月額費用:13,200円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,300円/1ID
  • 導入支援料:
    5,500円/時間
  • 訪問費用:
    5,500円/時間
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

info-Logi

資料請求・
お問い合わせはこちら

                           
520,300円(税込)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円

サーバー料金が別途発生いたします。

  • 電話

  • メール

  • チャット

  • リモート

  • 訪問

Comtruck System
(コムトラックシステム)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
132,000(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  •                                
  • 月額費用:11,000円
    (LIGHT EDITION)
その他導入時のオプション費用
  • 特になし
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
050-3852-1537

Good Truck
(グッドトラック)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
172,700円(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:11,000円
    (エントリープラン)
  •                                
  • ログインアカウント:
    1,100円/1アカウント(手数料)
  • 最大同時利用数:3,300円/ 1アカウント
    (月額)
その他導入時のオプション費用
  • ETC利用データ取込:+3,300
  • デジタコデータ取込:+3,300
  • 出張サポート費用:
    2,750円/時間
    ※別途交通費
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
050-5438-0646

そらうど 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
209,000円(税込)
内訳
  • 初期費用:11,000円
  • 月額費用:13,200円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,300円/1ID
その他導入時のオプション費用
  • 導入支援料:5,500円/時間
  • 訪問費用:5,500円/時間
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
0952-24-2227

info-Logi 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
520,300円(税込)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円
その他導入時のオプション費用

サーバー料金が別途発生いたします。

サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
086-250-5989

   

※クラウド型の運送業システムの中から公式HP料金が記載してあるものから選出
※金額には導入指導料などの費用が含まれていないため、掲載している料金にプラスして発生する場合があります。
※IDを追加するごとに費用が上乗せになるプランもあるので、見積りを取って確認することをおすすめいたします。

アイコン
POINT
人数が増えてからグレードアップも可能なので、導入は固定費を安く抑えられるプランがおすすめです。操作方法に不安があれば、サポートが手厚いプランを選ぶと安心ですね。