T“LUCK”│運送業システム初心者のためのWEBマガジン » エクセル管理はもう古い!運送業務電子化のススメ » 請求書・支払い書

公開日: |更新日:

請求書・支払い書

運送業における請求書・支払い書発行業務こそ、システム化がおすすめ。システム化にするメリットやエクセル作業の課題についてまとめています。

運送業の請求書・支払い書発行をシステム化へ

運送業における月ごとの請求書や支払い書発行の事務作業は、煩雑な業務のひとつです。エクセルなどを使用して請求書や支払い書を発行しているところもあるようですが、手動での更新が必要だったり、各項目の細かい入力作業にはかなりの時間と労力を費やします。

こうした請求書・支払い書発行業務こそ、システム化がおすすめです。

システム化にするメリット

運送業において、請求書や支払い書をシステム化することは、さまざまなメリットが生まれます。

運送管理システムに含まれる運転日報や運行管理データが、そのまま請求書に反映されるので入力業務が軽減されますし、未確定運賃を一括で登録できるため、記入漏れを防ぐこともできます。

また、運転日報から車両ごとに経費を入力することができるので、車両の収支実績を簡単に出すことができ、経営分析に役立ちます。

傭車についても、日報を入力する際に、運賃と傭車料を入力することで、傭車料の管理も正確に行うことができます。

給与計算・財務会計業務と連動させることで、転記ミスを減らしたり、入力作業が軽減でき、運送業特有の手当ても自動で計算することが可能です。

会計ソフトと連携できる
運送業システムを見る

手入力(エクセル)の課題

顧客ごとに運賃表や請求書式が異なるため、処理が複雑になりやすかったり、更新処理なども非効率になります。また、月ごとの売り上げや資金状況は月次処理となることが多く、翌月にならないと確認できないなど、リアルタイムで情報を把握することが難しくなっています。

事業が拡大すると業務量も増えるので、請求書の発行遅れなども発生してきます。

インボイス制度の影響

2023年の10月1日から、「インボイス制度」という新たな消費税の仕入れ税額控除がスタートしました。

運送業者の顧客は課税事業者が多いので、インボイス制度が運送業界へ与える影響は大きいです。取引先が課税事業者の場合、仕入額控除を利用するためにインボイスの交付を求められます。例えば「免税事業者は適正価格を発行できなくなる」「免税事業者が不利になる」といった影響があるので、無視はできないでしょう。

下記のページでは、インボイス制度が運送業界にどんな変化を引き起こすかを詳しく解説していきます。

インボイス制度の影響を見る

システム利用者の声

「クラウドサービスの運送事業者向け総合管理システムを導入し、料金テーブルの統合整理と併せて、請求業務の効率化を図りました。複数の営業所に分かれて行っていた請求・入金業務は、本社で一括管理して処理することで、全社の業務効率化がされ、全社の売上げや経費の状況が、月の途中でもリアルタイムに確認することが出来るようになりました。監督官庁向けの報告書の作成やその基礎データの収集管理の業務についても、特に現場での対応が不要になりました」

参照元:株式会社ITマネジメントプロ公式サイト_事例紹介_クラウドサービスの導入事例_事例3運送サービス管理(https://www.itmanagementpro.com/事例紹介/クラウドサービスの導入事例/事例3-運送サービス管理/)
アイコン
請求書や支払い書の発行業務をシステム化すると、運転日報などと連動させることができ、入力作業が大幅に軽減されます。また手作業での更新が不要になり、リアルタイムでの情報を把握することがことができ、業務効率化につながります。

【PR】運送管理システムの導入事例を見る

請求書発行ができる運送業システム

ATRAS21

これまでに運送業システムを導入したり利用したりした経験がない方でも、利用しやすい仕様にするため、トラック協会が推奨している運転日報を参考にした入力画面になっています。日報入力画面へ売上金額や傭車料の入力業務をおこなうだけで、請求書の発行が可能になります。また、支払書なども、より管理しやすくなります。ちなみに、請求書の発行は罫線付きでなされるため、専用の用紙を用意しておく必要もありません。

ATRAS21の導入料金

※調査日2023年1月

Comtruck System

日々の配車データを入力するだけで、配車表はもちろんのこと、請求書や支払明細、そして集計資料まで自動生成される運送業システムです。入力された配車データを、そのまま売上データにつなげる仕組みになっているところも注目ポイントです。また、請求処理業務を確実にこなすためのアイテムとしても重宝するでしょう。

これほどまでに機能が充実した便利なシステムですが、入力担当の人数やドライバーの人数などにかかわらず、月額料金は一律です。これもうれしいポイントですね。

Comtruck Systemの導入料金

※調査日2023年1月

HAKOBO NET運送

日報ベースと伝票ベース、いずれの入力にも対応しているシステムなので、業務に合わせて入力でき、使い勝手も良好です。売り上げおよび経費の管理にも便利です。また、問い合わせ機能が充実しているところも注目ポイントです。問い合わせ項目の固定や選択などを、システムの使用者ごとに設定することが可能です。そして、さらに細かい業務や会社のニーズなどに対応させたいときには、カスタマイズ仕様を依頼することもできます。

HAKOBO NET 運送の導入料金

※調査日2023年1月

AEGISAPP運送業

取引先ごとに必要となる運賃計算や請求書の作成などをサポートするシステムです。請求書発行などがほぼ自動でおこなわれるなど、業務が簡単になるので、時間短縮や業務効率アップにつながるでしょう。経理担当者への負担も軽くなるはずです。また、インボイス制度に対応しているところも、注目ポイントです。

AEGISAPP運送業の導入料金

※調査日2023年1月

快走韋駄天

このシステムを利用すれば、請求書をとても簡単に発行することができるようになります。締日・請求期間・顧客コードといったデータを指定すれば、条件どおりの請求書が出力されます。必要に応じて、特定の顧客分の出力や仮締、再発行なども可能です。

また、入金処理も簡単です。入金額を入力すれば、請求書と連動することで消し込みができますし、表示される請求履歴をもとに請求額・残高を確認しながらの入金処理をすることも可能です。

快走韋駄天の導入料金

※調査日2023年1月

ツカエバドットコム

中小企業や個人事業主のニーズに応える、運送業向けの便利な請求書発行システムです。3タイプのなかから、自社に合う内容のプランを選択することができます。入力画面は、運転日報・日別・得意先別・傭車別・車番別・運転手別の、合計6種類あり、どの画面からでも入力することが可能です。各データが連動し合って機能しています。

ツカエバドットコムの導入料金

※調査日2023年1月

運びま専科

パソコンに日報を入力するだけで、請求書の作成や支払書の作成ほか、経費の管理や経営戦略にいたるまで、幅ひろい業務をサポート・合理化してくれる、便利な運送業システムです。運送業において、物流コストをおさえたり業務効率を向上させたりすることは重要な課題となっています。こういった次世代アプリケーションを現場に導入することで、この課題にしっかりと対応していくことができます。

運びま専科の導入料金

公式HPに記載がありませんでした。

※調査日2023年1月

導入すべきはどれ?
運送業システム料金比較

クラウド型運送業システム 導入しやすい最安値プランで、
気になる費用を比較

COMPARISON
   
クラウド型運送業システム
料金比較

  運送業システムの中から主流になりつつあるクラウド型のシステムをピックアップ。それぞれのシステムの最安プランで1年間利用した場合の料金で比較しました。また、ID(アカウント)は代表に1つ、配車担当1つ発行した場合を想定しています。(2020年12月23日調査)

システム名 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
その他導入時のオプション費用 サポート内容
Comtruck System
(コムトラックシステム)

資料請求・
お問い合わせはこちら

                   
132,000(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:11,000円
    (LIGHT EDITION)
  • 特になし
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

Good Truck
(グッドトラック)

資料請求・
お問い合わせはこちら

                       
172,700円(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  •                                
  • 月額費用:11,000円
    (エントリープラン)
  •                                
  • ログインアカウント:1,100円/1アカウント
    (手数料)
  • 最大同時利用数:3,300円/ 1アカウント
    (月額)
  • ETC利用データ取込:+3,300
  • デジタコデータ取込:+3,300
  • 出張サポート費用:
    2,750円/時間
    ※別途交通費
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

そらうど

資料請求・
お問い合わせはこちら

                       
209,000円(税込)
内訳
  • 初期費用:11,000円
  • 月額費用:13,200円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,300円/1ID
  • 導入支援料:
    5,500円/時間
  • 訪問費用:
    5,500円/時間
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

info-Logi

資料請求・
お問い合わせはこちら

                           
520,300円(税込)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円

サーバー料金が別途発生いたします。

  • 電話

  • メール

  • チャット

  • リモート

  • 訪問

Comtruck System
(コムトラックシステム)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
132,000(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  •                                
  • 月額費用:11,000円
    (LIGHT EDITION)
その他導入時のオプション費用
  • 特になし
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
050-3852-1537

Good Truck
(グッドトラック)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
172,700円(税込)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:11,000円
    (エントリープラン)
  •                                
  • ログインアカウント:
    1,100円/1アカウント(手数料)
  • 最大同時利用数:3,300円/ 1アカウント
    (月額)
その他導入時のオプション費用
  • ETC利用データ取込:+3,300
  • デジタコデータ取込:+3,300
  • 出張サポート費用:
    2,750円/時間
    ※別途交通費
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
050-5438-0646

そらうど 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
209,000円(税込)
内訳
  • 初期費用:11,000円
  • 月額費用:13,200円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,300円/1ID
その他導入時のオプション費用
  • 導入支援料:5,500円/時間
  • 訪問費用:5,500円/時間
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
0952-24-2227

info-Logi 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
                       
520,300円(税込)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円
その他導入時のオプション費用

サーバー料金が別途発生いたします。

サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

資料請求・お問い合わせは
こちら

電話はこちら
086-250-5989

   

※クラウド型の運送業システムの中から公式HP料金が記載してあるものから選出
※金額には導入指導料などの費用が含まれていないため、掲載している料金にプラスして発生する場合があります。
※IDを追加するごとに費用が上乗せになるプランもあるので、見積りを取って確認することをおすすめいたします。

アイコン
POINT
人数が増えてからグレードアップも可能なので、導入は固定費を安く抑えられるプランがおすすめです。操作方法に不安があれば、サポートが手厚いプランを選ぶと安心ですね。