T“LUCK”│運送業システム初心者のためのWEBマガジン » エクセル管理はもう古い!運送業務電子化のススメ » 日常点検表

公開日: |最終更新日時:

日常点検表

運送業における車両の日常点検の重要性と点検内容、システム化することのメリットについてまとめています。

運送業の日常点検表をシステム化へ

運送業では、車両の日常点検は必須業務のひとつですが、チェック項目が多いため、漏れが起こってしまう場合もあります。日常点検をシステム化することで、確認すべき項目が一目でわかり、チェック漏れを防ぐことができると考えられます。

日常点検の必要性

運送業において、車両の日常点検は重要な業務です。車両に不備があると、路上故障を起こしたり、その不備が原因で事故を起こしてしまう可能性があるからです。こうした事故は社会的にも大きな影響を及ぼすことがあるため、日常点検の実施は法律で定められています(道路運送車両法第47条の2)。

日常点検のメリット

故障や事故の防止

事業用トラックにおける交通事故では、致死率の数値が高くなっています。その数は自家用乗用車の3倍ともいわれ、事業用トラックの事故は、死亡につながる大きな事故となる可能性が高くなるのです。日常点検を行うことで、車両故障による事故を未然に防ぐことができ、安全・安心な運送業務の実現につながります。

コストの削減

日常点検において、初期の段階の不具合を発見できず車両故障を起こしてしまうと、異状箇所が拡大してしまい、整備費用の負担が大きくなってしまうことがあります。また、車両に不具合があると、知らないうちに燃費を低下させていることがあります。

信頼度の向上

車両が故障したり、事故を起こしたりすると、積荷が破損したり、納期が遅れることもあります。定期点検を行うことでスムーズな運送ができ、ビジネス面での信頼度を向上させます。

大気汚染物質の排出を低減

日常点検と定期点検を確実に行い、エンジンを最適な状態に保つことで、黒煙などの大気汚染物質の排出を低減させることができるといわれています。

業界のイメージアップ

定期的な点検整備を行うことで、運送業は安全で快適、環境問題にも配慮しているという姿勢を示すことができます。それにより、運送業界全体のイメージをアップさせることにもつながります。

日常点検の内容

日常点検のチェック項目は以下の通りです。

  1. 前日までの異状箇所をチェック
  2. タイヤの空気圧をチェック
  3. タイヤの亀裂・損傷・異状摩耗をチェック
  4. タイヤの溝の深さをチェック
  5. ディスク・ホイールの取付状態をチェック(車両総重量8トン以上の大型トラックのみ)
  6. 冷却水量をチェック
  7. ブレーキ液量をチェック
  8. エンジン・オイル量をチェック
  9. バッテリ液量をチェック
  10. エア ・タンクの凝水をチェック
  11. ファン・ベルトの張り・損傷をチェック
  12. パーキング・ブレーキ・レバーの引きしろをチェック
  13. ウインド・ウォッシャの液量・噴射状態をチェック
  14. ワイパーの拭き取り状態をチェック
  15. エンジンのかかり具合・異音をチェック
  16. エンジンの低速・加速の状態をチェック
  17. 空気圧の上昇具合をチェック
  18. ランプ類の点灯・点滅、汚れ、損傷状態をチェック
  19. ブレーキ・ペダルの踏みしろ・効き具合をチェック
  20. ブレーキ・バルブからの異音をチェック
  21. ブレーキ・チャンバのロッドのストロークをチェック、ブレーキ・ドラムとライニングとのすき間をチェック

(1、2、3、5、7、12、18、19は毎回点検、4、6、8、9、11、13、14、15、16、21は適切な時期に点検、10、17、20はエアブレーキ車の点検項目)

日常点検を怠った場合の事故例

事例1[制動装置]

ブレーキ・チャンバのプッシュ・ロッドのストロークが限界を超えていたため、長い下り坂を走行中、ブレーキが効かなくなり、前方車両を避けようとして歩道に乗り上げ歩行者に重傷を負わせた。

事例2[制動装置]

ブレーキ・ドラムが摩耗し、ブレーキ・カムの作動範囲を超えてロック状態になり過熱、走行中に後輪から出火、全焼した。

事例3[かじ取り装置]

ドラック・リンクとビットマン・アーム接合部のナットの締め付けが緩く、スプリット・ピンもなかったため、ナットが抜け接合部分が分離、車線変更時に突然ハンドル操作ができなくなり、ガードレールに衝突、横転した。

参照元:事業用トラックの点検整備ハンドブック_第1章 点検整備の必要性とメリット_点検整備未実施が原因となった重大事故事例(https://www.jta.or.jp/member/pf_kotsuanzen/tenkenseibi.pdf)
アイコン
日常点検を行うことは、事故を防ぐだけでなく、ビジネス面での信頼度を向上させたり、業界全体のイメージアップにもつながります。システムを導入し、チェックすべき項目を一覧にすることで、点検するポイントが一目でわかり、点検漏れを防ぐことができます。

導入すべきはどれ?
運送業システム料金比較

クラウド型運送業システム 導入しやすい最安値プランで、
気になる費用を比較

COMPARISON
   
クラウド型運送業システム
料金比較

  運送業システムの中から主流になりつつあるクラウド型のシステムをピックアップ。それぞれのシステムの最安プランで1年間利用した場合の料金で比較しました。また、ID(アカウント)は代表に1つ、配車担当1つ発行した場合を想定しています。(2020年12月23日調査)

システム名 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
その他導入時のオプション費用 サポート内容
Comtruck System
(コムトラックシステム)

公式HPへ

120,000(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (LIGHT EDITION)
  • 特になし
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

Good Truck
(グッドトラック)

公式HPへ

157,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (エントリープラン)
  • ログインアカウント:1,000円/1アカウント
    (追加月のみ)
  • 最大同時利用数:3000円/ 1アカウント
    (月額)
  • 訪問費用:2500円/時間
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

そらうど

公式HPへ

190,000円(税表記なし)
内訳
  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:12,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,000円/1ID
  • 導入支援料:
    5,000円/時間
  • 訪問費用:
    5,000円/時間
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

トラックメイトPro

公式HPへ

328,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:100,000円
  • 月額費用:19,000円
  • インターネット接続代:
    30,000
  • 操作指導料1回:
    50,000
  • 操作指導料3回パック:
    120,000
  • 操作指導料3回パック:
    200,000
  • 電話

  • メール

  • リモート※

  • 訪問

※リモートは有料

info-Logi

公式HPへ

473,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円

サーバー料金が別途発生いたします。

  • 電話

  • メール

  • チャット

  • リモート

  • 訪問

Comtruck System
(コムトラックシステム)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
120,000(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (LIGHT EDITION)
その他導入時のオプション費用
  • 特になし
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
050-3852-1537

Good Truck
(グッドトラック)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
157,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (エントリープラン)
  • ログインアカウント:
    1,000円/1アカウント(追加月のみ)
  • 最大同時利用数:3000円/ 1アカウント
    (月額)
その他導入時のオプション費用
  • 訪問費用:2500円/時間
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
050-5438-0646

そらうど 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
190,000円(税表記なし)
内訳
  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:12,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,000円/1ID
その他導入時のオプション費用
  • 導入支援料:5,000円/時間
  • 訪問費用:5,000円/時間
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
0952-24-2227

トラックメイトPro 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
328,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:100,000円
  • 月額費用:19,000円
その他導入時のオプション費用
  • インターネット接続代:30,000
  • 操作指導料1回:50,000
  • 操作指導料3回パック:120,000
  • 操作指導料3回パック:200,000
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート※

  • 訪問

※リモートは有料

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
03-5283-7232

info-Logi 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
473,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円
その他導入時のオプション費用

サーバー料金が別途発生いたします。

サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
086-250-5989

   

※クラウド型の運送業システムの中から公式HP料金が記載してあるものから選出
※金額には導入指導料などの費用が含まれていないため、掲載している料金にプラスして発生する場合があります。
※IDを追加するごとに費用が上乗せになるプランもあるので、見積りを取って確認することをおすすめいたします。

アイコン
POINT
人数が増えてからグレードアップも可能なので、導入は固定費を安く抑えられるプランがおすすめです。操作方法に不安があれば、サポートが手厚いプランを選ぶと安心ですね。