T“LUCK”│運送業システム初心者のためのWEBマガジン » エクセル管理はもう古い!運送業務電子化のススメ » 傭車管理

傭車管理

公開日: |最終更新日時:

傭車管理の課題やシステム化することのメリットについてまとめています。

運送業の傭車管理をシステム化することのメリット

傭車とは、「傭兵+車=傭車」から生まれた造語のことで、正式には、「利用運送」と言われます。繁忙期などで自社の車が不足した場合に、一時的に、ほかの運送業者の車両を借りて輸送業務を行うこと、あるいは、その車両のことを指します。

この傭車管理をシステム化することで、得意先への請求入力と傭車先への支払入力がまとめて行え、支払書や支払残高の管理を簡単に行うことができます。また、荷主別や傭車先別などで差益率を確認することもできるので、経営判断に必要な情報を一目で確認することができます。

傭車管理の課題

傭車を依頼する側のメリットとしては、人件費や自動車税の削減ができたり、危険物など特別な貨物の配送も可能になるので、自分たちの会社で対応しきれない依頼を受けることができる、運送時に事故や災害に巻き込まれた場合など緊急時の代車として利用できるという点が挙げられます。

一方、依頼される側は、傭車を受けることで安定した収入につながる、実績や経験を積むことで自社で受けられる仕事の範囲が増える、依頼側と良好な関係を築いておくことで再び傭車の依頼を受けられたり、逆に、依頼主側に配送依頼ができるような関係を構築できる、というメリットがあります。

しかし傭車には課題もあります。第一に、依頼をする側としては、自社の車両は配送状況がリアルタイムで把握できるものの、自社管理外のため、傭車の配送状況が把握できず管理が難しいという点。事故や渋滞などに巻き込まれて、遅れが生じた場合など、その状況を把握するのに時間がかかって対応が遅れたり、納期に間に合わないといったことも起こってしまいます。

次に、事故が起こったり、納品先とのトラブルがあった場合には、責任はすべて荷主や元請けにかかってくるという点。

そして、傭車を依頼した先のドライバーは、自社の社員ではないため、教育ができず、自社の配送ルールや注意点などが伝わらないことから、トラブルが起こる可能性があるという点です。

傭車における課題の解決方法

第一の課題である、傭車の配送状況が把握できないという点に関しては、動態管理システムを導入することで解決することができます。車両にGPSを搭載した端末などを載せることで、リアルタイムで位置情報を把握することができるので、事故や渋滞に巻き込まれた場合にも、ルートを変更するなどの指示をスムーズに出すことができます。

また、位置情報がわかることで、ドライバーに安全運転の意識を持たせることができ、事故を予防する効果も期待できます。

その他の課題については、契約書を取り交わしたり、簡単な社員教育を受けてもらうなどの改善方法が考えられます。

アイコン
運送管理システムを導入することで、傭車の位置状況をリアルタイムで確認することができ、事故や渋滞に巻き込まれた場合にも、スムーズな対応が可能になります。傭車の依頼先への支払書の発行などの事務手続きも簡単になり、傭車先別に差益率なども確認することができます。

導入すべきはどれ?
運送業システム料金比較

クラウド型運送業システム 導入しやすい最安値プランで、
気になる費用を比較

COMPARISON
   
クラウド型運送業システム
料金比較

  運送業システムの中から主流になりつつあるクラウド型のシステムをピックアップ。それぞれのシステムの最安プランで1年間利用した場合の料金で比較しました。また、ID(アカウント)は代表に1つ、配車担当1つ発行した場合を想定しています。(2020年12月23日調査)

システム名 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
その他導入時のオプション費用 サポート内容
Comtruck System
(コムトラックシステム)

公式HPへ

120,000(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (LIGHT EDITION)
  • 特になし
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

Good Truck
(グッドトラック)

公式HPへ

157,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (エントリープラン)
  • ログインアカウント:1,000円/1アカウント
    (追加月のみ)
  • 最大同時利用数:3000円/ 1アカウント
    (月額)
  • 訪問費用:2500円/時間
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

そらうど

公式HPへ

190,000円(税表記なし)
内訳
  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:12,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,000円/1ID
  • 導入支援料:
    5,000円/時間
  • 訪問費用:
    5,000円/時間
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

トラックメイトPro

公式HPへ

328,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:100,000円
  • 月額費用:19,000円
  • インターネット接続代:
    30,000
  • 操作指導料1回:
    50,000
  • 操作指導料3回パック:
    120,000
  • 操作指導料3回パック:
    200,000
  • 電話

  • メール

  • リモート※

  • 訪問

※リモートは有料

info-Logi

公式HPへ

473,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円

サーバー料金が別途発生いたします。

  • 電話

  • メール

  • チャット

  • リモート

  • 訪問

Comtruck System
(コムトラックシステム)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
120,000(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (LIGHT EDITION)
その他導入時のオプション費用
  • 特になし
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
050-3852-1537

Good Truck
(グッドトラック)
1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
157,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:無料
  • 月額費用:10,000円
    (エントリープラン)
  • ログインアカウント:
    1,000円/1アカウント(追加月のみ)
  • 最大同時利用数:3000円/ 1アカウント
    (月額)
その他導入時のオプション費用
  • 訪問費用:2500円/時間
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
050-5438-0646

そらうど 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
190,000円(税表記なし)
内訳
  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:12,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    3,000円/1ID
その他導入時のオプション費用
  • 導入支援料:5,000円/時間
  • 訪問費用:5,000円/時間
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
0952-24-2227

トラックメイトPro 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
328,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:100,000円
  • 月額費用:19,000円
その他導入時のオプション費用
  • インターネット接続代:30,000
  • 操作指導料1回:50,000
  • 操作指導料3回パック:120,000
  • 操作指導料3回パック:200,000
サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート※

  • 訪問

※リモートは有料

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
03-5283-7232

info-Logi 1年目費用目安
(2ID発行・同時使用)
473,000円(税別)
内訳
  • 初期費用:120,000円~
  • 月額費用:17,000円
  • 追加ライセンス(月額):
    5,250円
  • 追加ライセンス(日報入力専用):500円
  • 設定操作指導料:80,000円
その他導入時のオプション費用

サーバー料金が別途発生いたします。

サポート内容
  • 電話

  • メール

  • リモート

  • 訪問

問い合わせ・申し込みは
こちら(公式HP)

電話はこちら
086-250-5989

   

※クラウド型の運送業システムの中から公式HP料金が記載してあるものから選出
※金額には導入指導料などの費用が含まれていないため、掲載している料金にプラスして発生する場合があります。
※IDを追加するごとに費用が上乗せになるプランもあるので、見積りを取って確認することをおすすめいたします。

アイコン
POINT
人数が増えてからグレードアップも可能なので、導入は固定費を安く抑えられるプランがおすすめです。操作方法に不安があれば、サポートが手厚いプランを選ぶと安心ですね。